Features

Review Shintaro Sakamoto

CLOSE UP

Review Shintaro Sakamoto

Shintaro Sakamoto : unique musical playfulness and masterful arrangement…

ディスコって

ディスコって

坂本慎太郎, オノシュンスケ

坂本慎太郎3rdアルバム『できれば愛を』から待望のシングル・カット…

Review_UMA-Wednesday Campanella

CLOSE UP

Review_UMA-Wednesday Campanella

WEDNESDAY CAMPANELLA : beautifully constructed record On 22nd June 201…

New Releases

Epoch

Epoch

Re-trick

アグレッシヴ・ジャズ・トリオのRe-trcikのスリリングかつ瞬発力溢れる演奏、美しいイマジネーションに満ちたアンサンブル。Re-trick最高傑作となるアルバムが完成!

All Time Best ハタモトヒロ

All Time Best ハタモトヒロ

秦 基博

デビュー・シングル「シンクロ」(2006)から最新シングル「70億のピース」(2016)まで、代表曲「ひまわりの約束」(2014)「鱗(うろこ)」(2007)「アイ」(2010)等々を網羅した内容。 さらには4月スタートの読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の主題歌に決定し、5月3日にシングル盤としてリリースする「Girl」も収録。

レインボーカラー

レインボーカラー

大阪☆春夏秋冬

ライブで人気の「レインボーカラー」を大胆にリアレンジ!New Meを経た、現在形の"しゅかしゅん"! !

共鳴する音楽

共鳴する音楽

H ZETT M

正統派ピアニストとしての一面を持ちつつも、奇想天外なアイデアで遊び心あふれる作品を多く生み出す中で、今やお茶の間にまで確実に認知度を上げている彼が、ピアノ1つでの可能性を最大限に引き出したアルバムをついに完成させた。

SUPER SOUND COLLECTION スタジオジブリ吹奏楽

SUPER SOUND COLLECTION スタジオジブリ吹奏楽

オリタ ノボッタ&シエナ

日本屈指の吹奏楽団シエナ・ウインド・オーケストラと、吹奏楽ポップスの名手、オリタ ノボッタによる吹奏楽の新境地。スーパー・サウンド第二弾!ジャズスタイルに変貌を遂げた「人生のメリーゴーランド」や、ピアノをフィーチャーした「アシタカとサン」など、世界に誇る久石譲の音楽と、吹奏楽界きっての作編曲家陣のアレンジが生み出す、新たなジブリの世界。

トナリアウ/ONE'S AGAIN

トナリアウ/ONE'S AGAIN

THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTES初の両A面シングルがリリース!2017年4月から放映のTVアニメ『サクラダリセット』のエンディングテーマ「トナリアウ」と、2016年のライブ活動を通して生まれた感情を綴った「ONE`S AGAIN」他を収録。

all sheep sleep in yours(24bit/44.1kHz)

all sheep sleep in yours(24bit/44.1kHz)

soejima takuma

アカデミズとノスタルジアが交差し奥深い世界観が広がるsoejima takuma待望の2ndアルバム。soejima takumaがSEを含む全音楽を担当し2017年2月にリリースされたところにょり氏のゲーム『からっぽのいえ』に収録されている「where i am」M6、及び同じくSEを含む全音楽を担当し2017年6月予定でリリースされる同氏の新ゲーム《あめのふるほし》に書き下ろした楽曲「artifical rain」M1も収録。ロングセールを続ける2015年10月リリースの1st『Bouquet』に続き、ピアノとストリングを中心に多くの楽器群とエレクトロニクスを配置し丁寧に作曲及びアレンジメントされた各曲は静寂と躍動を繰り返しながら、ディストピアをモチーフに世の有り様の一幕を描いたという『all sheep sleep in yours』というタイトルに帰結させている。ゲストとして、soejimaもメンバーであり透明感溢れるギターの反復フレーズを軸に多様をサウンドを構築するバンドSEA LEVEL(M2)、静かな中に秘めたエモーショナルな歌声を持つ女性シンガーソングライター香月(M3と4)、SEA LEVELのメンバー小貫誠がボーカルを取るM7、口寄せや時効国家のメンバーなどを経て現在はソロMCとしてのライヴなどを中心に活動するあゆ巫女(M8)、本作ではラップを披露した個展をはじめアートを中心に活動する桑園創(M9)、フルートやディジュリドゥなど自作楽器等の奏者であり詩的な高速ラップを得意とするMCでもある庭師/MC/笛奏者の線描(M10/フルート)、2016月にアイスランドでのフィールドレコーディングを織り交ぜたEP「unnoticed」をリリースしたkoji itoyama(M11)またアートワークは、福岡を拠点に人物画や風景画を中心に暗闇に浮かぶ光を描く現代美術の油絵画家として、国内外で高い評価を受け活躍する田中千智が担当。

hello

hello

unizzz…

結成して一年足らずでフェス(りんご音楽祭2016)出演やオーディション(ディスクユニオン主催)最終合格アーティスト選出等、耳の早いリスナーの間で話題となっているunizzz…の初公式音源。StereolabやThe Pop Group等の海外オルタナティヴミュージックから影響を受けたサウンドに、ゴダイゴやユーミン等のジャパニーズ70s〜'80sニューミュージックの歌心が加わったグッドミュージック!あくまでポップな仕上がりながら、変拍子を織り交ぜたプログレッシブな展開や、エレクトロ/テクノ/クラウトロック/フレンチポップの要素も散りばめられたバラエティに富んだアルバムが完成。疾走感と倦怠感が交差する、カラフルで宇宙的な一枚!

愛のクウチュウ戦

愛のクウチュウ戦

クウチュウ戦

15年5月に1stミニAL『コンパクト』、16年1月に2ndミニAL『Sukoshi Fushigi』、同年8月に3rdミニAL『超能力セレナーデ』をリリースし、幅広い世代のミュージックラバーたちをその唯一無二の世界観で魅了してきた“平成のビューティフル・ロックカルテット”<クウチュウ戦>が満を持して2017年に放つ真新しいポップアルバム。二十歳の頃、今となっては珍しい正統派プログレバンドとしてスタートし周囲の音楽関係者やバンドマンたちに衝撃を与えた彼らが新たに辿り着いた、愛と美が炸裂するポップミュージックの世界!AOR、ラップ、ソウルミュージック、歌謡ロック、プログレ、シューゲーザーetcへのloveをクウチュウ戦流に緻密に爆発させた最新の名曲5曲に、ライブの定番となっている元祖“アモーレ”バラード「アモーレ」2017年ver.、ライブのクライマックスに登場するプログレ時代からの大人気カオスロックナンバー「白い十代」2017年ver.を加えた、クウチュウ戦の今を存分に体感出来る充実の1枚です。愛が渦巻くクウチュウ戦の新たな原点がここに。

GOODPEOPLE

GOODPEOPLE

野崎良太 with GOODPEOPLE

ピアニスト、DJ、作曲家として幅広く活躍する野崎良太(Jazztronik)率いる新バンドによるニューアルバム

You will be mine

You will be mine

The ManRay

クールでルードな佇まいでリアルなロックサウンドを響かせるThe ManRayのデビュー作より、妖艶なサウンドに青い熱が絡みつくダンスロック「Brown sugar」

Tropic

Tropic

Akane Shibasaki

天性のウィスパーヴォイス、ギターを中心とした力強い楽曲、独創的な歌詞が三位一体となった、Akane ShibasakiのデビューEP。ジャケットは画家きたしまたくやの書き下ろし。

Weather Diaries

Weather Diaries

Ride

1996年の『タランチュラ』以来、21年ぶりとなるニュー・アルバムはヴァリエーション豊富なサウンドが詰まっており、デビュー・アルバム『ノーホエア』をミックスし、続く『ゴーイング・ブランク・アゲイン』をプロデュースしたアラン・モウルダー(アークティック・モンキーズ、フー・ファイターズ、ザ・キラーズ)をミキサーに、世界のトップDJエロル・アルカンをプロデューサーに迎えて制作された『ウェザー・ダイアリーズ』。震動するディストーション、美しいハーモニー、激しいリズム、きらめくサウンドスケープと素晴らしいソングライティングがあわさった、タイムレスで中毒性の高い内容に。

Résistance

Résistance

Songhoy Blues

デーモン•アルバーン率いる音楽プロジェクト、アフリカ・エクスプレスのアルバムに楽曲が抜擢されたことをきっかけに注目を集め、ヤー・ヤー・ヤーズのギタリスト、ニック・ジナーとマーク・アントワーヌ・モロー(マルーン5、ケイナーン、アマドゥ&マリアム他)プロデュースによるデビュー・アルバム『ミュージック・イン・エグザイル』を2015年にリリースしたソンゴイ・ブルース。あれから2年、プロデューサーにニール・コンバー (MIA、ジャンゴ・ジャンゴ、クリスタル・ファイターズ)を迎えて制作された新作『レジスタンス』は、ロンドン発のトラックメイカー、ラグジュアリーがシンセで、イギー・ポップ、スティーリング・シープらがヴォーカルでゲスト参加している。

Abysmal Thoughts

Abysmal Thoughts

The Drums

The Drums最新作堂々完成!! Wilcoを擁する〈ANTI-Records〉へ移籍!まさに原点回帰と言える大傑作! ザ・ドラムスのサウンドを象徴するキャッチーなリード楽曲M3「Blood Under My Belt」、儚く繊細で包みこむようなポップ・ソングM6「Head Of The Horse」は必聴!!

EXN

EXN

Ken'ichi Itoi

shrine.jp20周年記念作品。PsysEx(サイセクス)として活動してきたshrine.jp主宰者の糸魚健一による初の本人名義作品。縁(えにし)をコンセプトに宇宙や自然、コミュニティや情緒を表現する。やわらかい趣にまとめ、手法よりもとらえられ方を重んじ、PsysExでの機械的な表現から一新させている。OVALによるリミックスも収録する。

Ganges-Fox

Ganges-Fox

8otto

8ottoがついに ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文の全面プロデュースのもと本格再始動!新しい幕開けを予感させるニューシングルが遂に! 約6年ぶりのアルバム制作をついに終えた8otto。先行配信シングルを引っさげて、オットーの日8月8日に東京代官山UNITでFRONTIER BACKYARDを迎えてのイベントが決定している!

「縮んでどこにもありゃしない!」

「縮んでどこにもありゃしない!」

清 竜人

【フリー・ダウンロード】清 竜人、新プロジェクト『TOWN』 音源のみの配信となります。

Top of Page