HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回

GoldLink 『At What Cost』

関東地方は梅雨入り、気温も上がったり下がったりと不安定な気候ですが皆様いかがお過ごしでしょうか? HIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も今月で5回目。前回は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」を取り上げましたが、今月は「#超WAVYでごめんね」というワードが話題を集めている新世代、JP THE WAVYと来日を間もなくに控えるワシントンD.C.出身のラッパー、GoldLinkの特集です! そして今月も取り上げた作品がOTOTOYで配信してないんです...すみません! OTOTOYでも配信出来るようがんばりますので、コラムと同じくOTOTOYも引き続きよろしくお願いします!

第5回 JP THE WAVYとGoldlink

今月は、既に話題になっていますが自分もコレに反応せずにはいられなかった! JP THE WAVYの「Cho Wavy De Gomenne」! 自分の駄文は後にして、まずビデオをチェックしてほしいです!


JP THE WAVY - Cho Wavy De Gomenne

このビデオを"新しい"と手放しで褒めたいのは、彼が現行のUSシーンで流行っているノリを取り入れ、耳に残るフックを発明した…だけではないんです。 彼みたいに踊れるラッパーって国内に居ましたかね!? 予め決められたフリを踊るのでなく、音に合わせて衝動のまま動くという意味で 、踊れる人です。観ていると本人達のリズムが体をどう突き動かしているのか、ダイレクトに伝わってくる。間違いなくこの曲を流行らせてるのは、ビデオと彼(等)のダンスの能力の高さ。観ていてモブ感が楽しすぎる! インパクトが強いだけに次のハードルは相当高いが、ミックス・テープもリリースされるそうなので、期待しています! OTOTOYでもJP THE WAVYをプッシュですね! ってこれ販売してないらしくてスイマセン!

↓のSoundCloudのURLにてフリー・ダウンロードが可能なので止まる前に急げ!
https://soundcloud.com/yukito-ishikawa-1/cho-wavy-de-gomenne

また、このタイプのフリースタイルの余地を大きく残したダンスは、今やアメリカでは大ブームです。Vineからブームが始まり、今はInstagramやYouTubeにチャンネルを移しているダンサーはとても多く、昔はVineの有名人さん程度だったMeechie(http://instagram.com/shelovesmeechie)も、今ではRae Sremmurdなど様々なアーティストのツアーやビデオに引っ張りだこ。日本でも川崎にスタジオSWAGを構えるダンサー、Rie Hata(http://instagram.com/riehata) の動画ではプロならではのキレを堪能できますので、個人的にオススメです。JP THE WAVYにビデオでヤラれた方々はチェックしてみてください。

それと、今月はもう1つ。JP THE WAVYが登場するまでは6月のトピックはGoldlinkかな? と思って原稿を準備していたので、これも添えさせていただきます。6/16(金)渋谷Visionにて、待ちかねた初来日を果たします! なのでライブでフックを合唱できるよう、今月のパンチ・ラインはGoldLinkの曲を紹介したいと思います!

GoldlinkはワシントンD.C.出身の24歳のラッパーです。彼自身、出身及びGo-goという地産の音楽からの影響が強い事をインタビューで強調しています。しかし実際にはSoundCloudを中心に広がるFuture Beatsの波にアイコンとして登場したイメージを持っている人の方が多いでしょう。ネットに曲を公開してから2014年にアルバム『The God Complex』をリリースするのですが、この頃は既に話題となっていた存在でした。他のラッパーと一線を画していた彼の個性は、方々を跳ね回るようなフロウ。その方々に飛び散るライミングのアクロバティックさが、当時は世界で急速に人気を獲得していったFuture Beat系統のバウンス感と凄くマッチしました。Soulectionが初来日した時のインタビューでも、DJのHooliganはレーベル・メイトのラッパーよりもGoldlinkの事を絶賛していた事を覚えています。また、GoldLinkのビートを多く手掛けるLouie Lasticも、90年代にヒップホップで多用されたネタを再びエレクトロ調に使い直したり、昔からヒップホップを聴いていた人達の耳にもスムースに入るスタイルです。そんなビートを選ぶのもGoldLinkの魅力でしょう。とにかく選ぶビートにどこか華がありつつも、バウンスしている。加えて今振り返ると、当時は全く顔を出さなかったのも話題を加速させた一因かもしれません。

その後、XXL誌の2015年Freashman Classに選ばれたりしたものの、ツアーに勤しみリリース面では静かにしていましたが、2016年に大手RCAレコーズと契約。遂に今年、初のスタジオ・アルバムとなる『At What Coast』をリリースしました。そこからシングルカットされている「Crew」のフックを今月は紹介します。


She see money all around me,
I look like I'm the man.
But I was down and out like last week.
Tell me where have you been?
You came out of hiding, girl
Don't act like I'm your man
You just a fan, you don't hold rank.
Don't hold no rank.

「彼女は俺の金が目当てで、俺は持ってそうに見えるだろう。でも、先週なんて落ちぶれたもんだった。その間、君はどこにいたの。隠れていて今さら出てきたんでしょう。俺の彼女面するの止めなよ。君はただのファンで、それ以外の何者でもないんだよ。俺にすがるなよ。」

といったところでしょうか。このフックの後、同郷出身のラッパー2人を迎えたGoldLink等のバースが続き、同じ厳しい環境を生きてこなかった人と分かり合えない経験を綴っています。そんな彼も遥々東京へ。当日どんなライヴを見せてくれるのか想像したい人に、うってつけの動画を見つけたので、こちらをどうぞ!


GoldLink - ”Crew”(Live at Art of Cool)

こうにメロウなパートでこんなに盛り上がるの、最高ですよね。

SoulectionのYukibebも彼の来日に備えてMIXをこさえてくれてましたので、そちらもチェック!
https://soundcloud.com/user-137127858/616friyukibebmix-for-goldlink

イベント詳細 :
http://www.vision-tokyo.com/event/japan-celebrates-1stgoldlink-in-tokyo?event=club

斎井直史

RECOMMEND

YDIZZY / DIZZiNESS

日本のヒップホップ・シーンの要注目クルー、”kiLLa”の中心人物YDIZZY。フリーのミックス・テープはいくつかリリースしてましたが、こちらは待望の1stアルバム。OTOTOYではハイレゾです!

ゆるふわギャング / Mars Ice House

こちらも完全に2017年のヒップホップ・シーンの台風の目。Ryugo IshidaとSophiee、プロデューサーのAutomaticによるプロジェクト・ゆるふわギャングの1stアルバム。

BADBADNOTGOOD / IV(24bit/96kHz)

ヒップホップとジャズを繋ぐカルテット、BADBADNOTGOODによる4枚目。アルバム参加のKAYTRANADAはGoldLinkのアルバムで数曲プロデューサーとして参加。アルバムまとめ購入でライナーノーツ付き。

「パンチ・ライン of The Month」バック・ナンバー

第1回 SuchmosとMigos
http://ototoy.jp/feature/2017021001/

第2回 JJJ『HIKARI』
http://ototoy.jp/feature/2017031001/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
http://ototoy.jp/feature/2017041001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
http://ototoy.jp/feature/2017051101/

斎井直史による連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
http://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
http://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
http://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
http://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
http://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
http://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

連載

【BiS連載vol.85】BiS vs LSN PSYCHO KiLLERSーーBiSでしか満足できない身体にして終えたい!
[POURLUI]・2017年06月23日・【BiS連載vol.85】BiS vs LSN PSYCHO KiLLERSーーBiSでしか満足できない身体にして終えたい! 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィの加入と、GANG PARADEのカミヤサキが9月までの期間限定でレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。2016年活動を休止したNIGHTMAREのドラム、RUKAのソロ・プロジェクトLSN。その2組が、ツーマン・ツアー〈BiS vs LSN PSYCHO KiLLERS〉を全国4箇所で行う。もともとBiSHとLSNのツーマン・ライヴ企画が3回に渡り行われており、そのアンコールでBiSのリーダー、プー・ルイの手紙を読み上げる形で発表された本企画。ツアーに先駆けてお互いのリーダー、プー・ルイとRUKAの対談を敢行。重大発表もあるという本ライヴ。見逃すことはできなそうだ!! BiS vs LSN PSYCHO KiLLERS2017年8月26日(土)@大阪・OSAKA MUSEOPEN 16:30 / START 17:00info. キョードーインフォ
by 西澤 裕郎
連載『D.A.N.の新譜放談』第5回
[D.A.N.]・2017年06月08日・帰ってきた『D.A.N.の新譜放談』第5回 : ひさびさ開催新譜放談、今回は2017前半をゆるっと放談 ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』が帰ってきました! 飛ぶ鳥を落とす勢いの彼ら、2017年には新作『Tempest』をリリース、さらには最近では東名阪のワンマン・ツアーも、即完のリキッドルーム公演で幕を閉じたばかりの彼ら。間髪入れずに、夏は各種フェス、そしてOGRE YOU ASSHOLEとのスプリット・ツアー(6月24日より一般チケット販売)も9月に開催決定。ということですが、今回はだーっと間が空いてしまい、もはや不定期連載感が強いですが、今回もシレーッと帰ってきました。今後もゆるーっと続く予定なので、みなさんお付き合いください。さて、今夏もフェスにひっぱりだこのD.A.N.の3人はさて、どの新譜にピンときたんでしょうか! すでにロングセラーな『Tempest』ハイレゾ配信中D.A.N. / TEMPEST(24bit/48kHz)'【Track List】01. SSWB 02. Shadow
by 河村 祐介
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回
[REVIEW]・2017年06月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回 関東地方は梅雨入り、気温も上がったり下がったりと不安定な気候ですが皆様いかがお過ごしでしょうか? HIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も今月で5回目。前回は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」を取り上げましたが、今月は「#超WAVYでごめんね」というワードが話題を集めている新世代、JP THE WAVYと来日を間もなくに控えるワシントンD.C.出身のラッパー、GoldLinkの特集です! そして今月も取り上げた作品がOTOTOYで配信してないんです...すみません! OTOTOYでも配信出来るようがんばりますので、コラムと同じくOTOTOYも引き続きよろしくお願いします! 第5回 JP THE WAVYとGoldlink 今月は、既に話題になっていますが自分もコレに反応せずにはいられなかった! JP THE WAVYの「Cho Wavy
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode35 セントチヒロ・チッチ「自分の格好悪いところを認めた上でがむしゃらにやってやる」
[BISH]・2017年05月31日・【BiSH】Epsode35セントチヒロ・チッチ「自分の格好悪いところを認めた上でがむしゃらにやってやる」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、日比谷野外大音楽堂でのワンマン・ライヴを開催、アイナ・ジ・エンドの声帯結節による手術からの復活を経て臨んだ初のバンドセット・ツアー〈BiSH NEVERMiND TOUR〉も超満員のZEPP TOKYOでファイナル公演を大成功に納めた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールでのワンマンも発表した彼女たちのメジャー2ndシングル『プロミスザスター』をハイレゾ配信。また、5周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第2回はセントチヒロ・チッチのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムが発売決定 BiSH / GiANT KiLLERS発売日 : 2017年6月28日(水)収録内容 : *4形態共通、新録5曲収録1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※OTOTOYにてハイ
by JJ
アイドル・グループ構成員増殖計画vol.75 渡辺淳之介インタヴュー「いまでも音楽に狂わせてほしいと思っている」
[POURLUI]・2017年02月22日・アイドル・グループ構成員増殖計画vol.75ー渡辺淳之介「いまでも音楽に狂わせてほしいと思っている」 新生BiSが2ndフル・アルバム『Re:STUPiD』を完成させた。1stアルバムのつもりで作ったという本作は、全曲松隈ケンタ作曲、メンバーが歌詞を数曲担当し、聴けば聴くほどよさが増していくアルバムとなっている。お米しか食べることのできない車中泊ツアー〈BiSの切なさと愛しさと心強さのデスロード〉、メンバー5人全員が100kmを走るマラソンを行うなど、経験値を増やしている現在のBiSについて、本作のリリースを機にマネージャーの渡辺淳之介にインタヴューを敢行。BiSの2017年、目を離している隙はなしっ!! 新生BiS、2ndアルバムを配信中BiS / Re:STUPiD【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円(税込) 【Track List】1. gives2. twisted grunge3. ミステリアスホール4. SAY YES5. Never Starting Song6. N
by 西澤 裕郎
新生BiS・インタヴュー、プー・ルイ編「うちらは正真正銘BiSなので背負わないといけない」
[POURLUI]・2017年03月27日・アイドル・グループ構成員増殖計画vol.76ープー・ルイ「うちらは正真正銘BiSなので背負わないといけない」 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切った新生アイドル研究会BiS。活動半年ながら、2作のフル・アルバム・リリース、2度にわたる全国ツアーを敢行。2017年1月に開催した2度目のツアーでは、3食お米のみで車中泊をし最終日には100kmマラソンを行う「BiSの切なさと愛しさと心強さのデスロード」を行い、渋谷WWWXでのツアー・ファイナルを成功させた。3月28日からは1週間にわたるWACK合同オーディション、4月2日にはBiS、BiSH、GANG PARADEの3組が一同に介するイベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて合格者発表とフリー・ライヴが行われる。5月30日には因縁のリキッドルーム・ワンマンも決定し、激動の最中にいるBiSの2周目となるソロ・インタヴューを掲載していく。 新生BiS、2ndアルバムを配信中BiS / Re:STUPiD【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ
by 西澤 裕郎
新生BiS・インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「この5人が私は好きです」
[POURLUI]・2017年03月28日・アイドル・グループ構成員増殖計画vol.77ーーアヤ・エイトプリンス「この5人が私は好きです」 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切った新生アイドル研究会BiS。活動半年ながら、2作のフル・アルバム・リリース、2度にわたる全国ツアーを敢行。2017年1月に開催した2度目のツアーでは、3食お米のみで車中泊をし最終日には100kmマラソンを行う「BiSの切なさと愛しさと心強さのデスロード」を行い、渋谷WWWXでのツアー・ファイナルを成功させた。3月28日からは1週間にわたるWACK合同オーディション、4月2日にはBiS、BiSH、GANG PARADEの3組が一同に介するイベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて合格者発表とフリー・ライヴが行われる。5月30日には因縁のリキッドルーム・ワンマンも決定し、激動の最中にいるBiSの2周目となるソロ・インタヴューを掲載していく。 新生BiS、2ndアルバムを配信中BiS / Re:STUPiD【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円
by 西澤 裕郎
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

同じ筆者による他の記事